FANDOM


ゴルゴ13作品リスト/単行本第1巻とは、リイド社より刊行されているさいとう・たかをの『ゴルゴ13』シリーズ単行本コミックスの第1巻で、「ビッグ・セイフ作戦」ほかを収録したものである。

ビッグ・セイフ作戦 編集

シリーズの第1話である。詳細は、ビッグ・セイフ作戦を参照されたい。

デロスの咆哮 編集

(でろすのほうこう)

フランス政府の要人の妻、子と名乗る者がギリシャにあらわれた。ナチスに拉致され、拷問で長期間療養していたという。

不審に思ったフランス情報部は調査員を数回にわたり派遣したが、いずれも不審死した。ここで、同情報部は、「妻、子」が偽者と断定し、ゴルゴ13に殺害を依頼した。

ゴルゴは、自分の方法で真贋を判断し、行動した。これが、標的の真贋を確認する初のシーンにあたる(リイド社コミック)。

ラストで、敵の首領と一対一で銃撃で対決し、ゴルゴのライフル銃からの銃弾が相手の頭部を1発で貫通し、相手の拳銃からの銃弾はゴルゴの右肩をかすめていた。ゴルゴは敵と正面から一対一で対決するシーンが多いが、これが、その最初にあたる(リイド社コミック)。

バラと狼の倒錯 編集

(ばらとおおかみのとうさく)

ロドリゲスの娘は黄色いバラという謎の人物に拉致される。その男が運転しているはずの自動車に向けられたゴルゴの銃のスコープにはなぜか女の姿があった。

ゴルゴは、ロドリゲスに再度面会し、「ひとつの仕事でおれがスポンサーの前に、2度姿を見せたことはない」と言い、再度調査し、イランにおいて、その「女」が標的と同一人物と判断し、狙撃完了したが。これが、「依頼者に二度会わない」ルールを述べた初のシーンにあたる(リイド社コミック)。

色あせた紋章 編集

(いろあせたもんしょう)

ハンガリーの秘密警察長官が、オーストリアとの国境にある"血まみれの橋"でのスパイ交換を利用して亡命を目論み、ゴルゴに狙撃を依頼した。

その長官の真のたくらみ、交換されるスパイたちの背景、動きはいかに。

ゴルゴの次のシーンもある。

  • スキー、当時のジャンプスキーの姿勢も描かれている。
  • バイクに乗り、待ち構える2人の側をすり抜けざまに2人を射殺する。

なお、ハンガリーの秘密警察は、次の話でも登場する。

Smallwikipedialogo.png このページの内容は、ウィキペディアから取られています。オリジナルの記事は、ゴルゴ13作品リスト/単行本第1巻にあります。この記事の著作権者のリストは、ページの履歴を御覧ください。ゴルゴ 13 ウィキと同じく、ウィキペディアのテキストは、GNU Free Documentation Licenseで提供されています。


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki