FANDOM


ゴルゴ13作品リスト/単行本第146巻』は、リイド社より刊行されているさいとう・たかをの漫画『ゴルゴ13』シリーズ単行本コミックスの第146巻で、「いにしえの法に拠りて」ほか2編が収録されている。


いにしえの法に拠りて 編集

(いにしえのほうによりて)

ドイツフランススペインの防衛企業三社が合併してできた防衛装備メーカーEADSの幹部から、BAEの会長ジョンストンの狙撃を依頼されたゴルゴ。期間は1カ月以内。同じ頃、この依頼を知ったMI5のカークがレーザー光を使用してゴルゴの視力を奪い抹殺しようとしていた。

カークの狙い通り、視力を奪われてしまったゴルゴは任務を遂行できなかった。視力の回復には2カ月程度かかると診断されたゴルゴは、任務遂行のためにパラリンピック射撃金メダルを獲得した盲目の男を訪ねる。彼もまた、湾岸戦争でイギリス軍の艦長だったカークの作戦によるレーザー光を浴びて失明していた。

ヴィレッジ・ジャック 編集

クリミア半島ヤルタ近郊の小さな村のリゾートホテルがチェチェンの武装グループに乗っ取られた。犯人グループの狙いは、そこに休暇に来ていた大企業の開発責任者・クリスを人質に身代金を奪うこと。

そのチェチェン人活動家の抹殺を依頼されていたゴルゴが地質学者に扮して訪れていた。ゴルゴの正体を偶然知っていたクリスが救出を依頼する。

ブーメランを持つ女 編集

ブーメランをもつおんな)

事故で乗っていたセスナ機が墜落してしまったゴルゴ。重傷を負ったゴルゴを助けたのは、一人の女。人里離れた地で寂しく暮らす女はゴルゴに色目を使うが……。

Smallwikipedialogo.png このページの内容は、ウィキペディアから取られています。オリジナルの記事は、ゴルゴ13作品リスト/単行本第146巻にあります。この記事の著作権者のリストは、ページの履歴を御覧ください。ゴルゴ 13 ウィキと同じく、ウィキペディアのテキストは、GNU Free Documentation Licenseで提供されています。


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki