FANDOM


ゴルゴ13作品リスト/単行本第3巻とは、リイド社より刊行されているさいとう・たかをの『ゴルゴ13』シリーズ単行本コミックスの第3巻で、「狙撃のGT」ほかを収録したものである。

狙撃のGT 編集

(そげきのジーティー)

ゴルゴは、中国から亡命を企てた情報責任者の狙撃を依頼された。標的は、CIAの完全護衛の中、長距離列車に乗っている。一方のゴルゴは、標的の行動パターンをもとに、走る自動車から狙撃した。

標的の行動の規則正しさを利用した狙撃の初期の話である。

駅馬車の通った町 編集

(えきばしゃのとおったまち)

ゴルゴが通りかかったアメリカ合衆国の村は、無法者たちに支配された状態で、気に入らない者たちを処刑したりしていた。その中で、ゴルゴの行動は・・・

地面を転がりまわりながら銃を発射して、居並ぶ敵を次々に倒すシーンが登場する初期のものである。

メランコリー・夏 編集

(メランコリー・サマー)

国家機密をもって逃亡してKGBに保護されていた元英国上級公務員のスパイが、当時のソビエト連邦から追放された(理由は不明)。その狙撃を英国政府機関から依頼されたゴルゴは、標的が逃亡時に「結婚相手」として利用し、マルタで捨てた筈の女をマークしていた。標的は…

猟官・バニングス 編集

(りょうかん・バニングス)

"猟官"と呼ばれた刑事バニングスらがゴルゴの逮捕を狙って囮捜査を仕掛けた。

「偽の依頼」が出てくる初期のものにあたる。警察関係者が公務としてゴルゴの命を狙うという、決して多くはない事例でもある。

なお、「猟官」というと違う意味をもつことが多く、「官職」を参照されたい。

ベイルートVIA 編集

(ベイルートVIA)

パレスチナゲリラのグループの殲滅を依頼されたゴルゴは、報道記者を装ってグループに潜入して機会を窺った。ラストが「最後の間諜-虫-」に続いている。

これらの初期の事例である。

  • ゴルゴが記者を装った
  • 物を用いた
  • 複数の機関が合同しての依頼
  • ラストが次の話につながっている。

最後の間諜-虫-編集

(さいごのかんちょう-インセクト-)

スイス銀行の頭取に出向いたゴルゴに罠が仕掛けられていた。ゴルゴは、これの影にいた暗号名・虫なる人物を狙った。

これらの初期の事例である。

  • 仕事としてではなく、あくまで自分の命を狙った者を狙う。

また、相手の正体をあぶりだすために、映画撮影を装って、第2次世界大戦中の空襲下を再現するなど、大がかりな仕掛けが登場した。

さらに、脅迫されていたとは言え、自分の命を狙った者を許した珍しい事例のひとつである(このスイス銀行頭取は、この後もたびたび登場している)。

Smallwikipedialogo.png このページの内容は、ウィキペディアから取られています。オリジナルの記事は、ゴルゴ13作品リスト/単行本第3巻にあります。この記事の著作権者のリストは、ページの履歴を御覧ください。ゴルゴ 13 ウィキと同じく、ウィキペディアのテキストは、GNU Free Documentation Licenseで提供されています。


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki