FANDOM


ゴルゴ13作品リスト/単行本第4巻とは、リイド社より刊行されているさいとう・たかをの『ゴルゴ13』シリーズ単行本コミックスの第4巻で、「査察シースルー」ほかを収録したものである。

査察シースルー 編集

(ささつシースルー)

ソビエト連邦は、アメリカ合衆国のスパイ衛星による査察データを奪った。さらに、国連での暴露を目論むことを阻止すべく、CIAは依頼を受けたゴルゴは信号弾で警告した。この過程で米国側の動きは、ソ連側に読まれていた。

次の特徴がある。

  • 依頼の内容に、「殺人」「狙撃」が明示されていない。
  • CIAがゴルゴの口封じを図った(これは珍しい)。
  • ゴルゴが買収に決して応じないことが明示された。
  • ゴルゴを挑発した連絡員()を制止するために、手にしていた葉巻を飛ばした。火のついた煙草を様々に活用するシーンがたまに出るが、その初期のものである。

WHO!? 編集

(フー!?)

富豪のナンシィ夫人には、殺し屋の情婦として、その殺し屋の殺人に関与していたという過去があった。その後、現在の夫と幸福な生活を送っていた彼女の前に、死刑を受けた筈のその殺し屋が現れた。彼女は、その殺し屋の逮捕、立件にかかわった刑事に相談し、その刑事が怪しいと断言したのが、神父を装って入り込んでいたゴルゴであった。

次の特徴がある。

  • ゴルゴの依頼者が誰か、最後まで示されなかった。また、完了後、ゴルゴがそれを電話で報告している。

価値なき値 編集

(かちなきあたい)

金塊輸送を装って輸送中の毒素兵器を「東側」の奪取から守り、廃棄する地点までの護衛を、ゴルゴは依頼された。その輸送車を、東側のほかに金塊奪取を狙うグループがいた。

次の特徴がある。

  • 依頼の内容に、「殺人」「狙撃」が明示されていない。

魔笛のシュツカ 編集

(まてきのしゅつか)

ゴルゴが狙撃を依頼された標的には、だがもう1人、同じ標的を狙う元ナチスの狙撃手がいた。標的のバッティングという、シリーズではそれほど多くない状況である。

ナチス活動経験者が第一線に見られ、ゴルゴが「若造」と言われる時代の話である。

Smallwikipedialogo.png このページの内容は、ウィキペディアから取られています。オリジナルの記事は、ゴルゴ13作品リスト/単行本第4巻にあります。この記事の著作権者のリストは、ページの履歴を御覧ください。ゴルゴ 13 ウィキと同じく、ウィキペディアのテキストは、GNU Free Documentation Licenseで提供されています。


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki