FANDOM


ゴルゴ13 モレッティー一家惨殺事件』(ゴルゴサーティーンモレッティーいっかざんさつじけん)は、1983年ポニカより発売されたパソコンゲーム作品(対応プラットフォームPC-8001PC-6001MZ-2000FM-7など)である。

概要編集

ゴルゴ13』を原作としているが、事件や依頼人・ターゲットなどは、オリジナルのものとなっている。

説明書では、アクションゲームとされているが、実際は、屋敷内を捜索する3D迷路といったものである。

ターゲットであるドクターZを殺すことが目的。

ドクターZ編集

今回のゲームのターゲット。

屋敷内には、彼が用意した罠が随所に存在しており、部下も大勢配置されている。

野心家であり、モレッティー一家惨殺事件以外にも、裏で手をまわして人を消したことは何度かある。

ラスボスとも言えなくはないが、強さは部下と大して変わらない。

モレッティー一家惨殺事件編集

ドクターZが起こした事件の1つ。

数年前の事件であり、ドクターZが起こしたとされる証拠は1つも無い。

邪魔な存在となったモレッティー一家を消すためにドクターZが部下数人とともに決行した。

Smallwikipedialogo.png このページの内容は、ウィキペディアから取られています。オリジナルの記事は、ゴルゴ13 モレッティー一家惨殺事件にあります。この記事の著作権者のリストは、ページの履歴を御覧ください。ゴルゴ 13 ウィキと同じく、ウィキペディアのテキストは、GNU Free Documentation Licenseで提供されています。


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki